MENU

建物の内側?外側?あいまいな空間

日本家屋は、高温多湿の夏の暑さをしのぐことに重点を置いて作られてきました。窓を大きく開け、家の中の障子やふすまも開け放ち、よく風が通るようにします。当たり前のようですが、これは、日本の住宅の構造が、柱と梁で成り立っていることがベースにあります。

ヨーロッパなどの古い建築は、レンガなどを積み上げて作られた組積造と言われるものです。壁が構造の主体なので、窓を大きく取ることは出来ません。思い浮かべてみてください。古いヨーロッパの建物は、幅の細い窓や小さいばかりでしょう?それに比べて、日本家屋の窓は、開放的です。柱と梁で建物を支えているので(実際には、ある程度の壁も必要です)、大きな窓を作ることができます。それも、腰より上にある窓ではなく、掃出し窓と言われる床からあるものです。

ローズの効果や効能について

窓を大きく開け放つことによって、自然に、家の内部と外部のつながりが大きくなったのです。

リンク