MENU

木を植える

江戸時代、人は歩いて旅をしていました。道中、のどが渇くでしょうが、カフェがあちこちにあるわけでもないし、自販機やコンビニでお茶を買う訳にも行きません。そこで日本人は、道のところどころに、街路樹を植えました。しかもそれは果物がなる木です。旅の途中で喉が渇いたり、お腹がすいたりしたときは、木陰で一休み。もしそこで果物が実っていれば、その果物を採って食べてもいいのです。あとの人のことを考え、不要に果物を採ってしまわないところに、日本人のモラルの高さを感じます。

毎日の健康のために有益なアスタキサンチン情報がここにあります。

日本の住宅にとって、材料となる木は、なくてはならないものですし、生活の中において、様々な草木がその恩恵を与えてくれます。夏は強い日差しを遮ってくれますし、花をめで、実を収穫します。そよ風に揺れる木の葉の音に、鳥のさえずりと言った耳から楽しむ要素もあります。

このサイトならカシスの成分情報などを知る事ができます。

毛虫が付くこともあれば、定期的な剪定、落葉樹であれば落ち葉の掃除、といったマイナスともいえる要素もありますが、それ以上の恵みが確かにあります。家を建てたら、庭に木を植えましょう。小さいものでも構いません。緑あふれる町は、素敵だと思いませんか。

東急リバブルのFacebookページで、不動産ソリューションについて知る。