MENU

間取り

日本の住宅の間取りは、田の字型です。和室同士が隣り合わせで並んでいて、ふすまを閉めておけば小さい部屋として、ふすまを開けたり取り払ったりすれば広い部屋として使っていました。また、一つの部屋が食事の場であり、寝室にもなり、人が大勢集まる場にも対応できる融通性もありました。ですが、部屋の仕切りがふすま一枚では、プライバシーの確保ができにくく、次第に現代のライフスタイルに合わなくなってきたのも事実です。

そのため、この数十年の間に、住宅の間取りに対しての需要は、「nLDK」という型に移行しました。個室を、家族の人数に合わせて確保するものです。部屋と部屋はきっちり仕切られているので、家族間の間でもプライバシーが確保されるようになりました。

そんな中で、子どもが小さいとき、大きくなったとき、独立して家を出た時など、ライフスタイルの変化に対応できるよう、可動性を持たせた間取りの作り方にも、注目が集まってきました。温故知新というものでしょうか。昔の日本の住宅にあったあいまいな部屋の区切り方は、取り入れ方次第で、今の住宅にも対応できるのです。

リンク

コエンザイムQ10の詳しい情報はここ

D-roomPlaza

カルシウムの情報サイト

トヨタの車が見つかるサイト