MENU

屋根や庇の存在価値

日本の建物において、屋根や庇の存在はとても大きいものなのです。日本は雨の多い国です。屋根や庇は、その雨から家を守ってくれる強い味方だからです。

屋根のこう配(傾きのこと)は、当然ながら、降ってきた雨を下に落とします。庇も屋根と同様、受けた雨を流します。これがいいのです。水は、建物を劣化させる最大の要因なのですから、それを単純に受け流してくれる、こう配のついた屋根が、日本の住宅には最適なのです。

日本家屋の外壁は土で出来ていたり、木で出来ていたりしますよね。これらにとって、水分の多さは劣化を招く嫌なもの。深い庇は、雨から外壁を守ってくれています。しかも、外壁につく汚れも防いでくれているのです。屋根と庇があるおかげで、どれだけ家が守られていることでしょう。

昔と比べて家を作る建築材料はずいぶん様変わりをしましたが、どんな材料も風雨にさらされて劣化しないものはありませんし、日本の気候は変わらず雨の多いものです。もしこれから家を建てることがあれば、屋根や庇の役割をどうぞお忘れなく!

瓦やかや葺きの屋根

日本の屋根には、瓦葺きやかや葺きが多く見られました。瓦の方が一般的ですね。

雨が降った時、トタン屋根だと、雨粒が屋根を叩く音が絶え間なく響きますが、土で出来た瓦は、吸音性もあるため、あまり音を立てないことも瓦の持つ特徴の一つです。また、かや葺き屋根は、その厚みが40センチメートルほどもあるのですが、雨が降っても、その厚みの中で吸収されてしまって、家の中に雨漏りをすることはありません。湿った屋根は、家の中で火を使うことによって、いぶされ、乾燥するようになっています。

瓦の欠点と言えることは、重いこと。日本は地震大国です。建物の重心を考えると、重いものが上の方にあればあるほど、地震の際の建物の揺れは大きくなりますし、建物が壊れやすくなります。現在の建築基準法では、木造住宅の耐震強度強度を計算する際、瓦葺きの屋根は、その他の軽い屋根材に比べて、強度を上げなければならないように決められています。

かや葺き屋根は、数十年に一度の割合で葺き替えなければなりません。現在もかや葺き屋根の保存に力を入れている地域では、町をあげて吹き替え作業を続けています。たいへんではありますが、建物を維持するうえで重要な仕事です。毎年、順番で町の中の家の屋根を葺き替えていくので、地域でのコミュニティの形成にも役立っています。

DHA EPAの天然成分の効果などの情報サイト

リンク

日々の健康に

カルシウム特集のこのサイトがおすすめ

しみ取りレーザー治療の体験談サイト