MENU

住宅の外側の部分の話

日本の住宅の外部の仕様には、土や木が使われていました。土を塗った土壁や、板を張った板壁です。屋根には、瓦。瓦は土を焼いて作られます。戸は、木製です。見事に土や木だけですね。先にも少し述べましたが、土には、地域性があります。山に近い地域、川沿いの地域、海に近い地域、火山に近い地域、それぞれの場所で採れる土は、成分も違えば色も違います。その地域の色の由来は、その地域の土の色と言っても過言ではありません。黄色に、白色、赤色、茶色などなど。

このサイトなら糖化の成分情報などを知る事ができます。

木も住宅を作るうえで、大切なもの。家ではありませんが、お寺などでは、お寺の建物を建てたり修復したりするときのために、山林を一つ確保していたそうです。建物を作るときになると、柱や梁一本ごとに、山の木々の中から最適なものを選んで使っていたそうです。それくらい材木選びを慎重に行っていました。すると、木が材木として使えるように育つまでには数十年の月日がかかりますが、その後、家の材料に姿を変えても、育った年月以上の長い間、家を支え続けてくれるのです。

リンク

亜鉛のことならこれ

サプリの情報サイト

糖化の成分や効果などを紹介します