MENU

日本の家は、エコなのです

掃除をする時。日本の家の窓は、掃出し窓ばかりだったので、ほうきでゴミを外に掃き出すのも、簡単でした。掃除機よりも、ほうきの方が、掃除しやすいくらいです。庭に玉砂利を敷くと、雑草が生えにくいものです。雨が降れば地面に水を通しますし、足音を立てずに歩くことができないことから、防犯にも役立ちます。

ビタミンについて知りたい方はこれをチェック
ビタミンの情報サイトです

日本の家を構成する一つ一つの材料や造り、デザインさえも、様々な角度から快適な暮らしを送るために、働いています。

季節を取り入れる

春夏秋冬。日本には美しい四季があり、日本人には、四季折々の時節や物ごとを愛でる習慣があります。日々の暮らしの中に四季を取り入れるだけでなく、ちょっとした工夫をすることで、その季節を快適に暮らす知恵も持ち合わせています。

体のために必要なローズはこれ
ローズの情報を特集します

夏の暑さをしのぐには、深い庇によしずやすだれをプラスして日差しを遮ったり、風鈴の音で涼しさを感じたりします。余分な湿度があれば、建物全体で調整してくれます。冬の寒い日、フローリングの床と畳の床では、やっぱり畳の方が足に優しいですよね。それもそのはず、畳が作られた理由は、床からくる寒さ対策だったのですから。

リンク

マルチビタミン│健康食品特集サイト

気になるマルチビタミンについての情報はここ

東急リバブル公式facebook