MENU

日本の家を再考してみよう

日本には、日本の気候や日本人の暮らし方に合った住宅がありました。世界各国どこの国でも、それが言えます。その国や、その地域に合った建物がありますし、その地域ではとても優れている点でも、他の地域では的外れなこともあるでしょう。日本国内だけでも、様々な気候がありますし、地域性がありますから、「日本の家は、こうだ」と一概に言えるものではありません。

ですが、先人たちが長い時間をかけて作り上げてきた日本の住まいには、知恵や工夫、職人の技、そしてデザイン性の高い要素がたくさん詰まっています。そして、それら一つ一つには、それまで積み重ねた経験による深い意図があるのです。それらすべてが、気候や暮らし方に適応しているのです。

時代の流れで、いったんは全く違うスタイルの住宅が増えました。間取りや建材、住まいを作るすべての要素において、です。それまで建築材料と言えば、その地域で産出されるものだったため、その地域の住宅は同じ材料で作られていたものです。すると、自然とその地域の建物の色が統一され、その地域の街並みの調和をもたらしていました。それが、工場で生産された建材に取って代わられると、町の中の建物の雰囲気も様変わりしました。

健康のために必要なルテインの情報サイト

まず、日本でこれまで作られてきた住宅の良さを知ることから始めましょう。どういう点がいいのか、どういう理屈でそうなっているのか。これまでの歴史の中でも、時代に合わなくなった仕様は、次第に消えてきているはずです。幅の広がった日本人のライフスタイルに合うもの、さらに自分のスタンスに合ったものを取捨選択して、これからの家づくりに生かすことをお勧めします。

リンク

カルディナの車情報

トヨタ車探すなら「TOYOTA-スタイル」

亜鉛のことなら

こちらで専門の知識が学べます

サーパス附属中前

サーパス附属中前へ興味を持っている方のための情報サイトです。

ブランズ芦屋川

ブランズ芦屋川について知りたい方は必見です。